A/Bテスト

ABテストとは — 今さら聞けないABテストの基礎中の基礎まとめ

 

ABテストとは今、最先端と呼ばれるwebマーケティング手法になります。
ただ、あまり話題についていけない、イマイチ理解出来ていない、なんとなく分かるけど
どこをテストしたら良いか分からないという方に向けてABテストをざっくり理解出来るようにまとめました!

 

ABテストとは

guide2

A/Bテストとは、例えば、webページなどのクリエイティブをAパターン、Bパターンの2パターン用意し、
同様のユーザーを半分づつに振り分けて
どちらのクリエイティブの方がより高いCTR、CVRを得られるかを検証する方法です。

A/Bテストは、2008年にオバマ大統領が活用して200 億円の資金を集めた例が有名です。
オバマ大統領らはA/Bテストを行い、資金寄付のCVRを40%も向上させました。

つまり、A/Bテストを実行しなければ(Aパターンのページのままだと)
140億円しか集まらなかった資金を、
Bパターンとテストしてみて、効果の出たBパターンを採用した結果、
60億円追加で資金を集めることが出来たという事例です。

※もちろん2パターンだけではなく、3パターン4パターンとテストすることもあります。 

 

なぜABテストを行う必要があるの?

ABテストは広告と違い膨大なお金をかけずにCV数を増やすことができます。
広告の場合、お金をかければかけるほど流入するユーザーが増えCV数が増加するかと思いますが、
ABテストの場合はお金をかければかけるほどCV数が増える広告と違い、
(出稿量を増やせば増やすほど関心の低いユーザーも流入してきます)
無駄なお金をかけずに、頭を使うだけでCVRを向上させ、CV数を増やすことができます。

 

例えばどんなABテストが出来るの?

では、ABテストで効果が出るのは分かったけれども、具体的にどんなABテストが出来るのでしょうか。

ABテストでは、主に次の12の指標がテストを行うインパクトが大きいと言えます。

guide3

 
1.ファーストビューコンテンツ
2.イメージ
3.CTAコピー
4.CTAボタン(色、大きさなど)
5.大見出し
6.サブ見出し
7.テキストの段落
8.リンク
9.カスタマーの声
10.SNSの引用
11.社会的証明(導入社数など)
12.賞・セキュリティバッジ

 

 

1.ファーストビューコンテンツ 

ABテストを行う際はまず、ファーストビューからテストしましょう。
なぜなら、ファーストビューは100%のユーザーが見る箇所だからです。
要するにユーザーへの大事なファーストインプレッションです。

合コンでもファーストインプレッションでタイプの人がいたらその後もテンションあがりますよね?笑
ファーストインプレッションでタイプじゃなかったら帰ってしまうかもしれないです。
自社のユーザーにはチャラ男がいいのか、真面目系がいいのか、
それともおもしろ系の男性が刺さるのか、複数パターンで試してみましょう。

2.イメージ

ファーストビューと同様に、ユーザーへのファーストインプレションを与えるのが
イメージ画像になります。現在ペルソナ像に出来るだけ近い画像で共感をさそうのか、
それともそのペルソナが目指したい未来の姿の画像を入れてあげて
希望を抱かせることがCVRにつながるのか、
テストしてみる価値がありそうです。

3.CTAボタンのコピー

CTAボタンはCVするユーザーが必ず押す箇所になります。
CVしようかと思っているユーザーの興味を目一杯惹く文言にしてあげましょう。

単純に「資料をダウンロードする」というボタンと「ABテストの厳選ノウハウを見る」
というボタン、どちらが興味を惹かれるでしょうか。
「ノウハウ」よりも「他者事例」がいいのか、それともあえての「失敗事例」が響くのか
様々なパターンでテストしてみましょう。

※CTAとは「Call to Action(=行動喚起)の略で、ユーザーに取ってもらいたい行動を示します」

4.CTAボタン(色、大きさなど)

CTAボタンは出来るだけ分かりやすく、配置してあげましょう。
仮にスーパーに入って、レジの場所がものすごい見つかりにくかったらどうでしょうか。
商品を購入する気がなくなり、帰ってしまいます。

レジはここだよというのを出来るだけ分かりやすい色(反対色)
大きいサイズのボタンで知らせてあげましょう。
ただ、分かりやすい色というのはサイトによってまちまちだし、
その分かりやすい色が逆に目立ちすぎてユーザーに不安感を与えてしまう可能性があります。
どれがもっとも自分のサイトに適しているか。チェックする必要ありです。

5.大見出し 6.サブ見出し 

大見出しもユーザーがよく見る箇所です。
例えばブログを読むときにまず見出しをみて、興味がなかったから読むのをやめた
などということはありませんか?大見出しにはユーザーが求めているものを記載しましょう。

ユーザーは何が知りたいのでしょうか。値段?特徴?理念?
また、サブ見出しで完結に大見出しの内容を細くしてあげましょう。

 
例えば、
大見出し:比較で選ばれる高機能ABテストツール
サブ見出し:ヒートマップつきで多変量テストも可能!!
などです。

7.段落

1~6までのテストが終わったらだんだん細かいところにはなってきてしまいますが、
どこで改行をいれたらよりユーザーに見やすいか、どのような段落分け、配置にしたら
よりユーザーを案内しやすいかを考えテストしましょう。

8.リンク

リンク(外部リンク)は出来るだけ減らすのがベターです。なぜならある商品を求めてきたのに
あれも、これも、とリンクがあったらユーザーは迷ってしまいます。
ただ、リンクが少なすぎると、「あれ?この商品ちがうな」と思ったときに
どこに行けば良いかわからなくなり、離脱してしまう可能性もあります。

お客さんがぶらぶらお店を>回りながら買い物(回りすぎて疲労しないくらいの)サイト作りを
テストしながら作っていきましょう。

 

9.カスタマーの声 10.SNSの引用

自分の友達や似たような人がおすすめしている商品って買っちゃいませんか?
少なくとも友達がおすすめしてたら、この商品あやしい…とは思いませんよね?
人間は「みんな使ってるよ」、誰々ちゃんも使っているということに弱いです。
ただこのコンテンツをどのタイミングで見せるかが重要になります。
いきなり「誰々ちゃんも使っている化粧品があってね、それが○○なんだよ」と伝えるのか
「○○はこんな商品で、実はあなたと同じような方々も使って効果が出てるんです」と、
最後に背中を押してあげる訴求がいいのか、複数試してみましょう。
 

11.社会的証明(導入企業など) 12.賞・セキュリティバッジ

自分と似た人以外にも導入企業などの事例やセキュリティー保証などの補足情報も入れてあげましょう。
迷っているユーザーの最後の背中を押すことが出来るかもしれません。

まとめ

このようにどの訴求、サイト作りが最もよいのかはユーザーに聞いてみないとわかりません。
デザイナーの美的感覚で作ったサイト、上司の意向で作ったサイトで本当に正しいと思いますか?
 
もしかしたら、莫大な機会損失をしているかもしれません。
 
ちなみに弊社のお客さんでは一回テストしただけでCVRが4倍になった事例もあります!
ぜひABテストをして「ユーザー」の声み基づいた本当に効果の高いwebサイトを作っていきましょう。
 
もちろんABテストはまだまだ奥がある深いものではありますが、
どのようなABテストがあるか、ABテストがなぜ今、最先端のマーケティング手法と言われるのか
理解できましたでしょうか?
 
ぜひ、この機会にABテストを行ってwebサイトを改善しましょう! 
 
 
banner_main2