マンションリサーチ株式会社様

manshion

 

マンションリサーチ株式会社様について

logo

2011年4月に設立され、同年8月より全国の約11万棟の分譲マンションについて独自に収集した300万件超の流通事例を元に各マンションごとの売買相場、賃貸相場を公開している「マンションナビ」や「土地戸建てナビ」などのオウンドメディアを運営。また、不動産会社を対象としたコンサルティングサービスを実施し、ホームページ製作やSEO、SEM、店舗誘客の提案を通じたバックアップを行っている。

 

もくじ

  1. スピード感のある業務が可能に
  2. 充実した機能とサービス
  3. 世界第2位の信頼感
  4. 継続的なテストで確実な実績

 

スピード感のある業務が可能に

-A/Bテストツールを導入したきっかけを教えてください。

もともと社内ではLPのCVR改善という目的があり、その手段として導入しました。当時社内ではエンジニアはいたものの、彼らが別の業務を行っているとデザインを変えられないため、なかなかスピード感が出ないという現状があり、エンジニアを使わずにそういった問題を解決したいという思いからABテストツールを導入することにしました。

—実際にVWOを導入してどのような変化がありましたか?

テストをやりたい時に社内にリソースが足りなかったり、また動かせる人がいなかったりという現状があり、そういった中でもテストを進めることができるようになったため、A/Bテストにおけるスピードが大きく改善しました。弊社と同じような状況にある企業もABテストを実施することでスピード感は大きく変わってくると思いますよ。

充実した機能とサービス

-A/Bテストツール中でもVWOを選んだ理由を教えてください。

理由は幾つかありますが、一番の決め手となったのはサービスと機能面ですね。前者に関して言えばサポートを含めどこまで提案をしてくれたり試してくれたりするのか、後者に関して言えば操作のしやすさ、例えばヒートマップ機能であったり実際のマウスの動きを可視化できたり、弊社の求めている機能を広く網羅していた点ですね。それらを総合的に考えて吟味した結果VWOに行き着きました。

世界第2位の信頼感

-最終決定の段階で他のツールも検討していましたか?

はい、他に幾つかの他のツールと比較をさせていただいてはいたのですが、機能面やサービス面に並んで大きな決め手となったのが世界第2位のブランドですね。他社さんのツールも機能面で大きく劣ることはなかったのですが、実績という部分で世界第2位というのはかなり大きな決定要因となりました。

マンションリサーチ株式会社(1)-_29

継続的なテストで確実な実績

-具体的な結果の変化がありましたら教えていただけますか?

期間や案件にもよるんですけど、同じデザインページのテストしかまだ行っていませんが、それだけでもファーストビューの変化だけで結果としてテスト前と比べて20%の差が出た事例もありました。

-継続的にABテストはしたほうがいいと思いますか?それとも期間的に集中してやったほうがいいと思いますか?

結果から言うと継続的にずっと使うべきだと思いますね。単発のテストでももちろん結果は出ると思いますが、どんどん繰り返し実施していかないと継続的な改善ができず、ユーザーに飽きられてしまうと思います。明確な目標を持って素早くPDCAサイクルを回すことは前提としてありますが、継続的にテストを実施していくことで明らかに結果は変わってくると思いますよ。

マンションリサーチ株式会社(2)--2_19

↓マンションリサーチ株式会社様↓

http://mansionresearch.co.jp//

取材日時:2016年2月

取材制作:株式会社アッション