webプッシュ通知

Firebase Cloud Messaging(FCM) 設定方法

webプッシュ通知サービスを利用するにあたって推奨している、Firebase Cloud Messaging の設定方法をご案内します。

Firebase は、優れたアプリを開発し、ユーザー層を拡大し、より大きな収益を上げるためのツールです。インフラ構築に手間取ることなくビジネスを収益化し、ユーザーにとっての利便性に集中できます。詳しくはこちらから。

新しくプロジェクトを作成する

ステップ1 : https://console.firebase.google.com/ にGmail IDでログインします。

Firebase Cloud Messaging(FCM) 設定方法

ステップ2 : 「新規プロジェクトを作成」をクリックします。プロジェクト名(自由に設定可)と国・地域を設定して、作成を完了してください。

Firebase Cloud Messaging(FCM) 設定方法

ステップ3 : 次にパネルの左側のプロジェクト名の横にある設定アイコンをクリックします。

Firebase Cloud Messaging(FCM) 設定方法

ステップ4 : 次に「クラウドメッセージング」をクリックして、プロジェクト番号とSenderIDを確認します。

Firebase Cloud Messaging(FCM) 設定方法

Google Cloud Messaging(GCM)からFCMに移行する方法

ステップ1 : https://console.firebase.google.com/ にGmail IDでログインします。

Firebase Cloud Messaging(FCM) 設定方法

ステップ2 : 「Google プロジェクトへの Firebase の追加」をクリックして、FCMに移行します。

Firebase Cloud Messaging(FCM) 設定方法

ステップ3 : 国・地域を設定して「Firebaseを追加」をクリックします。

Firebase Cloud Messaging(FCM) 設定方法

ステップ4 : 次にパネルの左側のプロジェクト名の横にある設定アイコンをクリックします。

Firebase Cloud Messaging(FCM) 設定方法ステップ5 : 次に「クラウドメッセージング」をクリックして、プロジェクト番号とSenderIDを確認します。

Firebase Cloud Messaging(FCM) 設定方法

設定したプロジェクト番号とSenderIDを使って、ブラウザプッシュ通知を配信してみましょう。

アカウントをまだお持ちでない方:https://www.izooto.jp/

アカウントを既にお持ちの方:https://panel.izooto.com/login

izooto_whitepaper_banner