その他 カルチャー

アッション、3時のおやつ始めました。

先週からですが、「オンライン3時のおやつ」を始めました。

 
 

オンラインおやつタイムの想定効果

 
リモートワークでなんでもない会話がしづらい状況を踏まえて、全メンバーで毎日「オンライン3時のおやつ」をしています。
 
食べたいものを各自で用意し、持ち回りで「Good & New!」日常でのGoodなこと、またはNewなことをテーマに話してます。
 
そんなにGoodもNewもないよ!って、思われがちですが、この様な状況だからこそ、
 
・コトをGoodと捉える感性
・新しいモノを発見する感度
・新しい事にチャレンジするキッカケ
 
といった効果があるのかなと思い行っています。
 

リモートワークだからこそ大事な生活リズム作り

 
オンラインおやつタイムのもう1つの目的は生活リズム作り。
通常であれば通勤時間でスイッチを切り換えたり、オフィスにいるという空間によるスイッチ切り換えと、それぞれのトリガーがあると思いますが、
今は外的な環境変化が少なく、なかなかスイッチのオンオフが難しいと思います。
そのスイッチ切り換えのトリガー作りをしています。
 
そのため、合わせて行っているのが、毎朝の「オンライン朝会」です。
オンライン朝会も生活リズム作りには最適。
 
内容としては、
基本は他者へのタスクアサイン依頼です。
slack、タスク管理ツール等でのテキストのみのコミュニケーションではなく、
「今日は○○さん、▲▲お願いします。」って伝えられる。テキストだけだと伝わりきらない沢山の思いを乗せて。。。
(時に受け取りたくない思いすらも乗せて。)
 
また、毎週月曜はタスクのアサイン以外にも「Good to you!」やってます。
「先週の○○さんの■■サイコー!」「▲▲アリガトー!」など、
他メンバーの良かったところを発表し合う、ちょっと照れくさい会です。
 
他メンバーの仕事や行動に興味を持ち良い所発見グセが醸成されます。
 
リモートだからこそやれることを色々とトライして、
乗り越えた後に素敵で強いチームになれることをイメージして、アッションはいつもweb改善しまくっています。
 
 
 
「Happy testing!」