A/Bテスト LPO アッションカルチャー

アッション世界放浪記【ロンドン編】

アッションのアはアジアのア。
そんなアッションがついに欧州初上陸です。

こんにちは、アッションの高良です。

アッションは普段、その名に従い海外研修の際は
基本的にアジア諸国に行くのですが、この世はボーダーレス時代。

ヨーロッパのCRO(コンバージョンレート最適化)事情はどんなもんじゃい
ということで、今回は代表木下とロンドン留学経験のある高良の2名で
Digital Growth UnleashedというCROカンファレンスに参加してきました。

一日目:長旅の疲れを癒す

長時間のフライトを終え、一日目はホテル近くのパブで
サッカー観戦しながらフィッシュ&チップスを楽しみました。

この日はW杯欧州予選最終節の試合が開催されており、パブは満席でした。

そしてハリーポッターシリーズで有名な、King’s Cross駅(9と4分の3番線!)から
徒歩30秒にあるホテルで旅の疲れを癒しました。

いよいよDigital Growth Unleashedへ!

2日目からはいよいよ、はるばるロンドンまでやってきた最大の目的である
Digital Growth Unleashedに参加しました。

腹が減っては戦は出来ぬ、ということで
朝からフルイングリッシュブレックファーストを平らげる木下。

Digital Growth Unleashedは2010年から毎年開催されており、
約40もの国からCROに関わる人々が参加するヨーロッパでも指折りのCROイベントです。

Booking.comSkyscannerといった有名企業や、
Lovehoneyというイギリスのアダルトグッズメーカーなど、様々な業種、業態の企業が
登壇しており、自社でのCROに関する取り組みの紹介やA/Bテストにおける統計検定、
パネラーたちが参加者のWebサイトを見てA/Bテスト案を即興で出すコーナーなど、
バラエティに富んだ構成となっていました。

印象的だったのは、統計的数値や
テストデータの証明、確からしさの測定に関する言及が多かったこと。

やはりCRO、A/Bテスト、大きな括りで言えばデジタルマーケティングにおける
データの正確性は、正確な判断を下すためには大前提の条件であるということですね。
ちなみにですがVWOはベイズ推定を検定方法として採用しております。

indeed(UK)に対しても鋭いツッコミを入れていました

同カンファレンスに参加した個人的な印象としては、
アッと驚くようなテスト事例や手法、方法論などの話はあまりなく、
むしろ全体的に当たり前(当たり前がなかなか難しかったりするのですが、、)なことや
基本的だと思われているようなことを強調する内容が多く、基礎基本の重要性は
CROの世界でも存在するのだなと改めて感じました。

サッカーの母国でサッカー観戦

無事にカンファレンスへの参加を終えた翌日は昼過ぎまで各々自由行動でのんびり。

▼木下は近くのロンドンブリッジへ

その後、サッカーの母国で生のサッカー観戦を体験すべく、ロンドンから列車で
約2時間ほど北にあるイギリス第二の都市、バーミンガムへ向かいました。

その日は日本のJ2にあたるチャンピオンシップ(2部)の
バーミンガム対カーディフの試合を観戦しました。

アジア諸国でも熱狂的なファンが多いプレミアリーグ(1部)の試合が
その日には開催しておらず、残念だわーと嘆いていたのですが、試合が始まると
そんな憂いは地元バーミンガムファンの大声援と、そこら中で連呼される
放送禁止用語に見事に吹き飛ばされました。

試合は見事にバーミンガムが1−0でそれまでリーグ1位だったカーディフを下しました。

そして翌日、充実した滞在を終えロンドンに別れを告げました。

まとめ

今回、ヨーロッパのCROカンファレンスに参加して思ったことは下記の3つ。

・CROは世界各国で行われている(改めて実感)
・その中でも日本のCROは進んでいる方である(特にスマホサイトでのCRO)
・でもやっぱり基礎基本は大事

ユーザーにとってより良いWebサイト、サービスとはどんなものなのか。

CROの本質を忘れることなく、この領域でさらにエッジの効いた価値を提供できるよう
精進あるのみだと再認識することができました。

今回の出張で得た知見は社内、クライアント様に還元していきつつ、
まだまだ発展途上であるCROという領域でさらに事業のスピードを加速してきます!

そんな株式会社アッションは一緒に働く仲間を募集しています。

⇒採用情報はこちら

最新のCRO事例にご興味のある方はこちらからお問い合わせください